時系列 Timeline

  • 2016-07-08
  •   幻想交流 第三十九話 逆襲 掲載

    「残っても良かったのに」
    闇夜を走りながら、シタラは言った。背に乗るナガシノは首を振った。
    「友達のために戦えるのは嬉しい」
    「そう。じゃあ、沢山首を獲りましょう」
    「うん。司令騎を獲れば、相打ちには持ち込める」
    晴れ晴れとナガシノは言い、ハママツの事を考えるのはやめた。
          
  • 2016-07-11
  • 16:12

      突然旅団が第11世界に介入を開始

    芝村:
    Overs overs overs overs Overs overs
    コード408 セット
    姉妹の生死判定に入りました。
    アゴーン
    Overs overs overs overs Overs overs overs overs
    
    エースゲームの申請を受理しました。
    
    サドン・ブリゲイド
    ロールアウト
    
    リベライゼーション
    ロールアウト
    
    ミニッツメン
    ロールアウト
    
    突然旅団に海法紀光がナイトマスターとして就任しました。
    突然旅団は第11世界に介入を開始しました。
          
  • 2016-07-12
  • 2016-07-14
  • 01:01

      ナイトマスターよりルール・データ開示

    + 海法 > というわけで、芝村さんのweb連載小説、幻想交流シリーズにて、ナガシノさんとシタラさんがピンチです。介入して助けようというのが今回の趣旨です。 (2016/7/14-01:01:29)
    
    + 芝村 > 締め切りは日曜終日まで。コピペ禁止は俺が厳しく判断する。一人で複数のキャラを作ってもOK (2016/7/14-01:34:28)
    + 芝村 > 出身世界は第11世界のみ。 (2016/7/14-01:35:53)
        
  • 01:01

      ナイトマスターよりルール・データ開示

    + 海法 > というわけで、芝村さんのweb連載小説、幻想交流シリーズにて、ナガシノさんとシタラさんがピンチです。介入して助けようというのが今回の趣旨です。 (2016/7/14-01:01:29)
    
    + 芝村 > 締め切りは日曜終日まで。コピペ禁止は俺が厳しく判断する。一人で複数のキャラを作ってもOK (2016/7/14-01:34:28)
    + 芝村 > 出身世界は第11世界のみ。 (2016/7/14-01:35:53)
        
  • 21:00

      NWCにて作戦会議、編成チーム発足

    + 海法 > んじゃ、琥村さん、結城さん、藻女さん、高原さんで、玄霧さんで、編成チームということで。 (2016/7/14-21:53:08)
    + 海法 > 基本的に、キャラメイクしたいアイドレスプレイヤーの誘導と、最終的なとりまとめをお願いしたいです。 (2016/7/14-21:53:32)
          
  • 2016-07-15
  •   幻想交流 第四十一話 緊急事態 掲載

    既に原型をとどめていない砦の廃墟から巨大な爆音とともにロック音楽が鳴り始めた。戦闘騎の意識が向く中、ナガシノとシタラがその隙をついて刀を振るい、喉笛を噛み切ってもう数体を倒した。
    戦闘騎は戦闘力を持たないハママツの追撃より、脅威度の高い方へ戦力をシフトさせた。戦力を分散する愚をおかさず、ナガシノとシタラに全戦力をあてて、各個撃破を狙いだしたのである。
    勝った。少なくともハママツは守ったと、ナガシノは火薬玉に火を入れながら微笑んだ。四方は既に敵に囲まれている。戦いはいよいよ絶頂である。
          
  • 2016-07-16
  • 12:39

      B-GENZ出現を確認

  • 2016-07-16
  • 12:00

      訂正・再登録〆切

  • 12:35

      第10世界で老人に対するアタックを確認

    エース対処中
  • 19:12

      突然旅団の戦闘開始

    ナイトマスターカイホウが90名の戦士を連れて夜の森に突撃、マンティコアの群との戦闘に入り、勝利。
  • 19:53

      GENZ救出作戦の開始(ミニッツメン)

    救出成功。敵は撤退。置き土産のシープホーンも撃破。偵察機も撃墜。完全勝利。
  • 2016-07-19
  •   幻想交流 第四十二話 服 掲載

    • ハママツさんの無事を確認
    • オカザキさん登場
    • ナガシノ・シタラの詳細は不明
      窓が潰れてナガシノさんとは連絡がつかないと、フジマエは言う。
      	  
  • 2016-07-22
  • 10:42

      捜索ゲームスタート

    芝村:
    ナイトマスターは旅団を動かし、捜索を開始する事にした。
    
    状況は更新されました。
    ナイトマスターの元に新たなオーダーカードと職業リストが届きました。
    
    戦闘開始までのタイムリミットは72時間。
    この戦いではヒーローユニットが使用できます。
          
  • 2016-07-24
  •   ナイトマスターより編成・作戦の提出

    C 高機動持ち二人一組で戦闘を避けて高速偵察を行う。15部隊必要。この他連絡用に魔法タグを持つ四人以上から成る通信小隊が必要である。
    
    ○作戦背景(by海法)
     シタラ、ナガシノさんと合流した突然旅団は、浮かれ踊っていたが、新人のゼナの提案で、次の手を模索する。
    
     そもそも戦闘騎が大量に出現した理由や本拠地が不明な以上、ナガシノで暮らし続けることも、オカザキへ避難することも危険であると判断し、しばしの休息の後、情報を集めるために偵察隊を派遣することとした。
    
     オカザキへ行って、増援を呼ぶことも考えられたが、戦力を失った敵が建て直す前に偵察するのがチャンスであるとし、手持ちの兵力で高機動偵察を開始する。
    
    ○作戦
     15部隊を運用して、戦闘を避けて高速偵察。情報が分かり次第、帰還。
     15部隊の連携は、シタラさんの魔法を中心とした通信部隊で行う。ナガシノさんは通信部隊と一緒に行動。
    
     シタラさん、ナガシノさんについては、急に人間が増えて驚いているであろうから、アデプトのボタンイチゲさん(おばあちゃんキャラ)を中心として、ゆっくりお話を聞きつつ、協力をお願いする。
     シタラさん、ナガシノさんが戦闘に出たいという意見があれば、今回は偵察作戦であり、本格的な戦闘に備えて二人の戦力を温存したい、また戦闘騎との戦闘経験が豊富なシタラさんに、作戦の要をお願いしたい旨を伝える。
    
     偵察部隊以外の人員は、一部はオカザキ方面に派遣される。一人旅のハママツさんと合流、護衛。オカザキについたら、ナガシノさん達の無事を報告することを目的とする。
    
     それ以外の部隊はナガシノ付近で待機。偵察後、すぐに大きく動くことを想定しているので、動きやすいように体力回復をメインとし、軽く塹壕を掘るくらいの準備にしておく。
          
  • 21:38

      捜索ゲーム結果

    芝村:
    ナイトマスターはゼナの助けを得て配下のバーバリアンたちを偵察に向かわせた。
    彼らが見たものとは……
    
    敵は追撃を警戒して分散して逃げていた。
    こちらも分散しているので追いかけられはするが追撃は不能で戦闘も発生しない。
    
    敵が逃げた先は、こちらでいう、いなさ湖。
    そこは湖が丸ごと増殖槽になっており、羊水化した湖の中で数千のマンティコアが生み出されようとしていた。
    
    生命の絶技使いが一人。上機嫌そうに歪んだ生命の歌を歌っている。
    バーバリアンたちは撤退し、大規模な奇襲を訴えたが、仮に奇襲しても敵規模は大きく、また、矢弾を防ぐ絶技のために矢は殆んど効かぬようである。
    ナイトマスターの選択は如何に。
    
    これだけの規模の母胎だと、恐らく、核になるのはホーリーグレイルだ。
          
  • 2016-07-26
  •   奇襲、強襲いなさの戦いが公開される

    イベント
    奇襲、強襲いなさの戦い
      ナイトマスター海法は敵の本拠地を見つけてどれ第一世界の戦闘力を見せてやろうかと笑って見せた。
    
    作戦案
    A 領主の命令通り浜松を武力制圧して奴隷兵を調達。高所から毒と落石を用いながら戦闘を行う。奴隷兵200の他200名までの岡崎の戦士を登録、使用できる。援軍は一次職オンリーである。
    B 大規模破壊絶技でいなさ付近を消滅させて黒にして宇宙のオーマの名を上げる。
    C 高所からの落石にあわせ、伏せておいたバーバリアンのバンザイアタックで矢弾防ぎを消失させて上方から矢による戦いを行う。浜松の兵は見学させて恩を売り、政治的統一の基礎とする。現有戦力90名(全員二次職)に加えて120名までの援軍(一次職)を加えられる。
    D 領主の命令を無視して現有戦力90名でどうにか戦う。わずかながら、最大で30名までの自主的な岡崎からの援軍、もしくは浜松の戦士を得られる。
     全員二次職を選択して戦うことが出来る。
          
    新職業
    • ワルキューレ
    二次職 戦闘力25 大防御
    説明:武器防具に身を固めた女性戦士
    設定:120文字以上  設定ワード:女らしさ、盾
    
    • レディホーク
    一次職 戦闘力25 高機動
    説明:大剣一本の女戦士。
    設定:140文字以上  設定ワード:女らしさ、大剣
    
    • アマゾネス
    一次職 戦闘力25 高機動
    説明:武器防具に身を固めた女性戦士
    設定:100文字以上  設定ワード:女らしさ、投げ槍、盾
    
    • 工兵
    一次職 戦闘力15 工事
    説明:野戦築城や建築などで活躍する人。
    設定:100文字以上  設定ワード:大工道具
    
    • 精鋭戦士
    名誉職 戦闘力35 大防御 大攻撃
    説明:特別に功労があったスタッフがつける名誉職
    設定:200文字以上  設定ワード:スタッフの仕事
    
    • 人間に好意的なゴブリン
    一次職 戦闘力7 高機動 夜戦
    説明:短剣を持った緑色の小型ヒューマン
    設定:20文字以上  設定ワード:短剣、人間に恩を売ろう
          
  •   エントリー募集開始

    概要

    作戦内容はCを選択。
    現有戦力の85名(5名は死亡しています)と援軍120名にて奇襲を仕掛けます。

    募集要項
  • 2016-07-27
  •   作戦更新

    作戦背景
     浜松に、ほど近い、いなさ湖に、絶技使いと、戦闘騎の培養槽が見つかったことは、エルス世界の人類そのものの危機を意味することだった。
     絶技使いに対して、人間が選んだ武器は、浜松の民と、浜松の地形そのものだった。
    
     長年、戦闘騎から逃れ、戦うことを止めていた浜松の人々だが、実際にハママツが呼んだ(正確にはすれちがってるのだが)援軍が到着したことは、人々に大きな感動を与えた。
    
     浮かれ騒ぎの中、ナイトマスターは、大妖精ウィザードのヒメムラサキを立てて、長老に正直に話をすることにした。
     合併のための条件として参戦を持ち出すなり、こちらの戦力を過剰に宣伝して、騙して動かすなりも考えたのだが、力を借りるなら正直に行く以上のものはないと感じたのである。
    
     この場にいる人間が、ハママツたちのことを聞いて、それを迎えにいくべく集まった人間であること。メイドインジャパンの武器は強力だが、今は一丁しかないこと。
     戦闘騎の巣がこの近くにあり、恐るべき数の戦闘騎が生まれようとしていること。
    
     その上で、作戦案を提示し、十分に戦う目があることを強調。協力をお願いする。
     浜松全体で一丸になって参加することは見送られたが、血気盛んな若者の一部が、参加を表明。
     突然旅団は、浜松出身の若者も加えて、決戦に挑むこととなった。
    
     一方、絶技使いが2名であることが判明し、カイホウは仲間と共に秘密裏に動き出す。
    
     岡崎の若者と浜松の若者達が、それぞれの自由意志で、戦闘騎と戦って功績をあげたとなれば、それは美談である一方、岡崎の上層部も勝手には動きづらくなるだろう。
     もちろん勝てばの話である。
          
    作戦案
     幻想交流の描写より、浜松の周辺十数キロは、同じような山が続いており、この範囲には、いなさ湖も含まれると考える。
     ハママツの住人に協力を要請し、山伝いに、湖を望める場所に移動。そこから、攻城兵器のように岩などを落として、湖の培養槽を破壊しようと試みる。
    
     これは陽動であり、敵勢力を山に引きつけることを目的とする(なので、途中で見つかってもよい)。
    
     山の地形を利用し、敵の戦線を伸ばしたところを、アーチャーで援護したバーバリアン部隊で敵を倒す。
    
     事前に、別部隊(ミニットメン)で、矢避けの絶技使いを倒しておく。
     それに失敗した場合は、ナガシノ、シタラを中心とした部隊で、絶技使い狙撃を狙う。
    
     絶技使いを倒した後は、湖に本当に岩を落として、ホーリーグレイルごと埋める(普通の人間だと触れただけで危険で、回収が難しいので、せめて埋めておこうというもの)。
          
    部隊
    ・工兵(浜松出身)
     湖に岩を落とす準備を行う。
     並行して、山に来た敵に岩を落として、潰したり分断したりできるようにしておく。
    
    ・スピードアーチャー
    ・ダンサーバーバリアン
     高機動であることを生かして、相手を奇襲、誘導。
    
    ・アーチャー
    ・バーバリアン
    ・歴戦の農民兵
     本陣の周りに伏せて、おびき寄せた敵部隊を一斉に攻撃。
          
  • 2016-07-28
  • 13:07

      twitterでの新規情報

    芝村
    
    ナイトマスターは罠に気付いた。
    これはおそらく、ナイトマスターを殺すための罠だ。
    大きな餌でエースを呼ぶつもりだろう。三人目の絶技使い、それも聖銃使いがいるはずだ。
    
    ナイトマスターは熟慮の末、ミニットメンによる同時介入を断念。
    突然旅団のみ、もしくはリベライゼーションを投入してカウンターのカウンターを狙う。
          
  • 2016-08-04
  • 13:07

      判定開始

    リベライゼーション
    芝村
    
    突然旅団を支援するため、3機のF型フレームのRBをゲートスルーからのテレポーテーションで送り込んだプレイヤーたちは、聖銃使いとの戦いを開始する。
    
    敵はカメラとレーダーを装着した大口径レーザーで長距離をばんばん射撃する青年型だ。味方のF型が防御できるレーザーは一発……二脚の移動力では初期位置次第でターキーショットだ。
    彼我距離12.南側の山の斜面に登場したF型は1ターンに2歩進む。敵は自動回転のあと、攻撃回復3回、と姿勢回復で動いている。 射程はまさかの10。
    F型は近づく前に大口径レーザーでばんばん打たれる。なんと接敵まで都合6回攻撃を受けた。(敵は間抜けにもリロードが遅くて攻撃機会はさほど多くない)
    6回の攻撃中1回は煙幕で防いだ。残り五回のダメージは一発あたり12-5で7.部位破壊が毎回発生する。ダメージ累計は35。
    で。この時点で姿勢値の処理。1回6点のダメージとはいえ、姿勢が半分引き受けるので3点。5回の攻撃で15点……大きく前のめりになりつつも破壊を受けずに近接成功。
    近接戦に入るとF型は大量のアームパンチ(マッハパンチか?)で、大量ダメージ。(姿勢値ひいて8ダメージ)次ターンで沈めた。
    
    次なる敵は偉大なる行き過ぎクロー(仮称)だ。高笑いしながら飛行しつつ4本の長い爪でRBに向かってくる。 ちなみにどの辺が行き過ぎかというと、前進、自動回転、接敵、攻撃B、姿勢回復。残団回復しないという男らしいプログラムだ。
    まさかの彼我距離は3.敵は行き過ぎたが、なんとターンが間に合わない(笑)
    敵はあからさまに設計ミスくさい。行き過ぎて1ターンあたり60度しか旋回できず、8へクス飛んでいくだけの残念プログラムだ。変形か2脚にしておけばよかったが時すでに遅し。
    敵はどこかに飛んで行った……これはひどい試合展開だ。まあ、テストゲームだからこういうこともあるよね。
    まあ、飛行でクロー4つにこだわった結果装甲はなかった(0)なんで、仮に正面から殴っても負けてた気はする
          

    突然旅団
    芝村
    
    続いて突然旅団の処理。
    敵が飛んで行って呆然としていたバーバリアンたちだったが、今がチャンスといなさ湖にむかって大岩を転がし落としはじめた。小便かけたりやりたい放題だ。
    マンティコアは山道を駆け上がって来るが、道が狭いので大量に展開は出来ない。(10匹)が8回の波状攻撃だ。敵戦力は700×8。
    見方は2460戦力(主力)で迎撃できる。他の部隊はスペースの問題や牽制などで戦闘参加しない。
    
    1戦目で100戦力を失い、2戦目で105戦力失い……
    3戦目で111戦力失う。4戦目で117……櫛の歯を引くように戦力が減り、前線を食い破られ士気が崩壊しそうになるもスピードアーチャーなどの高速部隊が味方の死体を踏んで援軍についた。
    合計866戦力を失いつつ、勝利。しかしここで本陣に奇襲を受けた。敵はマンティコアを囮に山を単騎で上っていた。
    敵戦力は800。これを本陣を防御するワルキューレと精鋭戦士が迎え撃つ。2基のRBは距離が届かないが、煙幕弾を投射してレーザーを防いだ。
    敵戦力は800のまま。防衛部隊は大防御がきいて戦力2倍の1250.290戦力分の損害(実質損害は145)で戦いに勝った。勝利だ。
    
    受けた損害はアデプトとプリーストが癒す……170戦力分の損害をなかったことにできる。
    ナイトマスターは息をはき、勇敢な旅団の戦士たちをねぎらった。
    敵将の首を二つ、箱に入れて持ち帰った。銀髪の剣士と、黒い長い髪の女だった。バーバリアンたちは蜜蠟に漬けて勲とした。